FC2ブログ
2012.06.26 21:41|活動告知
7月7日、8日の2日間にわたって、北海道教育大学旭川校准教授の
大久保賢一氏講演会を行います。
実は今日、大久保先生より講演会当日の資料が届いたのですが・・・
とても分かりやすく、来ていただいた方には満足していただける講演会になるだろう、と
期待大の内容でした。(ブログ担当者の感想です)

ぜひ、ご都合をつけて参加してみてください。それだけの価値があると思います。
また、1日だけの参加も受け付けております。(参加費は2日分で、資料も2日分)
お申し込みをお待ちしております!
スポンサーサイト



2012.06.17 12:03|ペアレントトレーニング
2012年6月13日、第1回目のペアレントトレーニング講座を美幌療育病院の
2階会議室をお借りして行いました。

参加者はスタッフを入れ11名。
初めてお会いする方もいらっしゃっていたので、お一人ずつ自己紹介をしました。
講座のテーマが「親の役割ってなんだろう?」
まずは講座タイトルにもある“笑顔”を増やす~について。
『笑顔が出る時って、どんな時でしょう?』と講師からの問いかけに
改めて笑顔が出る時を参加者で考えていきました。

次に『子どもが笑顔を増やすために大切なことは?』
この回答には、『お母さんが落ち着いていること、穏やかでいること』などが出ましたが・・・
分かっているけど中々実行が難しいということを改めて気づきました。
そしてお子さんやその他の家族の「ありのままを受け止める事の大切さ」
がどのように重要なのかを皆さんと学びました。

『では、これを実行に近づけるには?』
人が物事に対しどのように感じて反応してしまうのかなどを分かりやすく解説していただき、
その中に“無意識に否定的な言葉を聞くことは自己尊重を低くしてしまうので
肯定的な言葉を使いましょう”という部分は、発達障がい児の親は子どもの療育の中で
一度は耳にする言葉ではないかと思いました。

講師の方は、発達障がいが専門ではありません。
ですが、この講座でこの言葉に出会ったとき、
「障害の有無に関係なく、人として生きていくうえで必要なこと」
「療育は特別なものではない」のだと感じました。

子どもと日常の中で接していく上で大切なことを、改めて確認することができ、
とても学びの多い講座となりました。
参加者の皆さんからは

・これから学んでいくのが楽しみです。
・皆がそうだったのかと気持ちが楽になりました。
・沢山気づかせてもらえたので子どもと楽しく接することができるのでは?と思いました。

などの感想をいただくことができました。

2012061311200000.jpg

次回は8月22日(水)の予定です。
たくさんの方のお申し込みをお待ちしています。
お申し込みは事務局Emailよりどうぞ!
2012.06.10 20:55|未分類
先日、イオン北見様の幸せの黄色いレシートキャンペーンに
ボランティア団体として登録させていただくことができました!

レシートの金額合計の1%が希望する品物で寄贈されるそうです。
当分会では、事務用品などの補填に活用させていただこうと考えています。
毎月11日のイオン・デーに、イオン北見店へお買い物に行く機会が
ありましたら、オホーツク分会の投函BOX(18番)に、レジ精算時に受け取った
黄色いレシートを入れていただきますよう、ご協力お願いいたします。

ion kiiroiresi-to3-1
レシートの投函ボックスは1階のレジの横、3階のエスカレーターの横に
あります。

05 | 2012/06 | 07
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30