FC2ブログ
2012.07.20 22:22|参加報告
「日本自閉症協会全国大会inほっかいどう」に参加して

 平成24年7月14・15日に、「日本自閉症協会全国大会inほっかいどう」
が札幌のかでる2・7で開催されました。参加人数は延べ約600名、地元北海
道各地からはもちろんのこと、遠く沖縄や佐賀、和歌山、神奈川、東京、群馬、
山形、青森など全国の方々が参加されました。

初日の大山会長のお話は、他のお手伝いの為、聴くことはできませんでしたが、
2日目の第2分科会「はたらく幸せ」でお手伝いができたので、分科会のお話を
少し聞くことができました。

(株)特殊衣料の池田社長が「知的に重くても、マッチングできれば、仕事は
しっかりやれるんです。」とおっしゃったことを思い出し、目に涙いっぱい溜
めた保護者がいました。そのお母さんは、「適切に支援すれば、子どもの内な
る力を引き出してあげられる。」と思えたんだろうな~と私は思えました。自
閉症の本当の支援とは何なのでしょうか?どんな力を子どもたちに付けさせて
あげればいいのでしょうか?と課題が沢山見えた分科会でした。

 質疑応答では、他の頑張ってらっしゃる保護者のお話が聴けて、「みんな頑
張ってるな~」と心にしみて来ました。全国大会ならではのご意見を聴くこと
が出来ました。

午後からはフリーな時間を頂けたので、第4分科会に参加させて頂きました。
第4分科会では「その人らしい生活」と題して、保護者・支援者・きょうだい・
本人、それぞれの生の声をお話してくれました。

保護者からは、「おやじ」が子育てに参加してもらうためのちょっとした声掛け
法や、「支援者には『母親支援』を大切にして欲しい。」など、親父としての思
いをお伝えして頂きました。

支援者からは、「ただただ愛を持って受け止めるような支援は、当事者の方に混
乱を与えるだけだったかもしれない。昔はそんな支援をしていたので、大変申し
訳ない事をしたと思っています。障がいを理解し、適切に対応することが、ご本
人も楽だし、支援者も楽で、お互いその人らしい生活が送れるんだと思います。
」と支援者の思いを伝えてくださいました。

この言葉には涙が出そうでした。「お互いを守るために、この事をどのように地
域に伝えて行けばいいのか?」これは永遠の課題なのかもしれませんが、私たち
オホーツク分会の願いではないかと感じました。

きょうだいの方からは、「きょうだい」としての反抗などの経験や、そんな「き
ょうだいの自分つくり」の大切さを教えてもらいました。「『きょうだい』の仲
間がいるといいですね。」と講演され、「僕(著書があるほど大先生ですが)、
子どもたちと遊びた~い。」と講演会とは別の機会に、私たちオホーツク分会メ
ンバーにお話くださいました。ぜひ、オホーツク分会でもいつか、「『きょうだ
い』が集える場所を作れればいいな~。」と思いました。

そして、最後の質疑応答の中で、ご本人さんに「どうしたら、そんなに前向きに
なれるのですか?」とご質問がありました。そのご本人さん曰く、「私の場合、
前向きになれるドラマや音楽の歌詞に励まされたり、自分のいけない所をノート
に書き『今度は注意しよう。次だ。次。』と思うようにしました。」との事でし
た。ご本人さんも頑張っていますね。

それに加え、ご本人さんが「何度も同じことを言ってしまう時がありますが、
『しつこい!』などと言わないで欲しいです。とても傷つきます。」と保護者に
向かっておっしゃっていました。「そうだよね~。たまに、私も『しつこい』と
か『も~、何回も何回も~!!』と言ってしまうことがあります。息子に謝らな
ければなりませんね。『〇○君、ごめんね~。』保護者は何があっても子どもの
味方だから、自閉症の特性も含めて丸ごと、愛してやりたいよね。」と私は反省
と共にあったかい気持ちになりました。

そんなエピソードを話してくれたご本人さんは十分に大人でしたが、とてもかわ
いらしく見え、とても微笑ましかったです。

かわいらしいご本人さんを見て、「自閉症を持つ彼らの笑顔をたくさん見たいな
~。」と今大会、多くの参加者は思ったのではないでしょうか。(*^_^*)

最後に、この全国大会に向け、ご協力してくださったオホーツクの皆様にお礼を
申し上げます。

 皆様のお蔭で、北海道が一丸となり、無事に全国大会を大成功で終える事がで
きました。
どうもありがとうございました。m(__)m

次回は、2年後、山形県天童市で全国大会開催予定です。楽しみですね♪

北海道自閉症協会オホーツク分会
会長  武井 雅映
スポンサーサイト



2012.07.10 19:56|講演会
2012年7月7日~8日の二日間、子どもたちの発達と自立を支える
「行動の原理」を学びましょう~応用行動分析の視点から見直す「環境」と「かかわり」~
と題し、北海道教育大学旭川校准教授の大久保賢一氏をお招きして講演会を行いました。

始めは2つの事例を検討するところからスタート。
大久保先生の解説と、グループディスカッションを
織り交ぜた形式の講演会で、和気あいあいとした雰囲気に、
気づけば時間があっという間に過ぎていた、と感じるほど
充実した2日間になりました。

事例検討から始まり、その後応用行動分析のさまざまな考え方、方法を
学んだ上で、次の日に同じ事例を再検討したことにより、
一方的に話しを聞く講演会とはまた違い、深く理解、納得することが
できて、とても実りの多い講演会でした。
2012 778ookubo1

大久保先生のお話の中で、私が印象に残ったのは
問題行動を起こしている子どもも、それによって
振り回されてしまっている大人も、ある意味
「自然なリアクション」をしているだけであり「当然の結果」
「誰にでも起こりえる当たり前の状況」である。
なので、悪循環に陥っている当事者や保護者を含めた回りの大人
を攻める必要はまったくない。
やり方を変える必要はあるだけで、けっして誰かが悪いせいではない。

ということでした。

難しい印象があったり、アメとムチのような技法だけに頼る、
「非人間的な学問」というような誤解を受けやすい応用行動分析ですが、
全くそうではなく、”誰も責めない”とてもやさしい考え方、問題解決的で、
前向きな学問なんだ、ということが良く分かった2日間でした。

参加者のアンケートでは、
”本人、保護者だけではなく、周りの明日につながるような内容だった”
”応用行動分析をより深く学ぶことができた”
などの意見をたくさんいただくことができ、大変好評でした。

暑い中、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。



2012.07.01 08:27|cozy cafe (茶話会)
2012年6月30日、北見の福祉会館を会場にお借りして
コジカフェin北見を開催しました。
参加者はスタッフも含め12名の方にお越しいただきました。

午前中は参加者の皆さんと同じテーマを共有し、ファシリテーター
の方の主導でロールプレイも交えて意見交換をしました。
親の感覚、子どもの感覚、周囲の人の感覚を客観的にみんなで共有できたことで
新たな発見や、気づきがあり、和やかなひと時となりました。

お昼をはさんで午後からは、少人数だったり、個別で相談される方
もいたり、おのおの好きな形でお茶を飲みながら意見や情報を交換しました。
相談会や勉強会などとはまた違った雰囲気で、終始和気あいあいと
過ごす事ができました。

cozycafekitami1.jpg


参加された方からは、
”楽しいひとときを提供していただき本当にありがとうございました
思いだしたら楽しくて思い出し笑いをしてしまう所です…”
と、とてもうれしい感想をいただきました。
リラックスして参加していただくことができて、良かったと思います。
ありがとうございます。

次回のコジカフェは網走です。10月6日(水)を予定しています。
お近くにお住まいの方は、ぜひご参加ください。
お待ちしています。

06 | 2012/07 | 08
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -