FC2ブログ
2013.07.30 02:11|講演会
2013年7月27日、端野町公民館にて、札幌市自閉症・発達障害支援センターおがるの加藤潔所長を
お招きして講演会を開催しました。
テーマは、「かわいいね!発達障がいの子どもたち~ラブリー子育ての楽しみ方~」

講演では、沢山のエピソードや発達障がいを持つ子どもを育てるにあたっての心構え、考え方を
お話いただきました。

そのエピソードの中のひとつに、日本の教育やしつけの中でしばしば出てくることのある、
「みんなと同じ」という考え方は「不平等」であり、その人に応じてチャンスが与えられることこそ
「平等」であると話されました。また『えこひいきしていい』との言葉に深く共感し
またホッとしました。

他にも、発達障害を持つ子どもたちへの愛情を沢山感じられるお話ばかりで、聞いているうちに
心がどんどん温かくなりました。

そして、日々大変で、びっくりすることがいつまでも減らない子育てをしている中で
大変さからつい、子どもがかわいくないと思ってしまう瞬間もありましたが、
やっぱり無条件で自分の子どもはかわいい!と、心から思いました。

発達障がいを持つ子どもを育てるチャンスを与えられたからこその、出会いや、
少数派の子育てをしている中でのさまざまな経験が、親である私の人生を豊かなものにしてくれている
と感じ、暖かな気持ちになりました。

先の見通しがもてない特性を持った自分の子どもの『今』を、幸せにしてあげられるような
関わりをしようと強く思いました。

また、支援をする上での年代別のポイントや、就労についても沢山お話され、大変勉強になりました。

20130727加藤潔氏講演会写真 113

加藤所長の温かく、楽しい語り口調に、会場内は涙あり、笑いありのあっという間の濃厚な3時間でした。
スポンサーサイト



2013.07.09 22:31|ペアレントトレーニング
平成25年7月5日(金)第2回子ども笑顔を増やすペアレントトレーニングを
開催いたしました。本日も12名の方が参加。

テーマは「“目的”について」

親の役割とは?
コミュニケーション相手(例えば夫や子ども)にどうしてもらいたかったのか?
・・・などなど改めて考える時間となりました。
そして、『相手の反応が、あなたのコミュニケーションの成果である』という、
講師の言葉になんだかハッとさせられました。

「本当の目的はこうであったのに、その目的を達成するために役立った行動が
できたのか?」深イイ~ですね~(;´Д`)

他の参加者の方も、今回学んだことで、各々のその思いを語ってくれたり、
こんな時はどうなのだろう?とエピソードを提供してくださったり、と
今回もたくさん思いを皆さんとシェアできたこと、心より感謝いたします!!

次回、第3回はついに最終講座です。
8月26日(月)に行いますので、皆様ぜひ足をお運びください。


20130705peatore1.png
20130705peatore2.jpg
20130705peatore3.jpg
2013.07.09 21:36|参加報告
平成25年6月22日 石狩市北海道藤女子大学花川キャンパスで
岩永竜一郎先生の講演会に参加してきました。

岩永先生は長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の准教授で
医学博士・作業療法士でもいらっしゃいます。
会場には約300名もの方が来場していて、ほぼ満席状態でした。
道東からの参加者は私たちだけかと思っていたのですが、
会場へ着くとオホーツク管内でよく会う支援者の方々に遭遇し、
その熱心さにとても感動いたしました!(*´∀`*)

そんな感動の中、講演会はスタート!
演題は『自閉症者の感覚や運動の理解をするための視点』についてです。
運動面のアプローチのお話の中で、「体性感覚識別能力を伸ばす」
という部分がありました。
体性感覚識別能力とは、身体の認識力の事で、例えば多数派の方は
目をつぶっていても自分の手や足がどこにあるのか分かるのですが、
この認識が弱いと、見えていない部分がどこにある
のか分からなくなるそうです。
体性感覚識別能力を伸ばす例として「袋の中から指定された形のブロックを探す。」
などがあったのですが、今更ながら「体性感覚識別能力を伸ばすためのものだったんだ!」
と理解できました。
これはお子さんが療育に行かれていた保護者の方なら、
一度は見ている療育風景だと思います。
何気ないリハビリ風景には、こんな意味があったのですね。
本当に「なるほど~!」でした。( ..)φ

「聴覚、視覚、触覚、味覚などの刺激を低くすると、情緒面・行動面が落ち着く。」
という話では、自閉症スペクトラム障害ではない人たちも、お化け屋敷に入った時は
些細なことでドキドキするほど驚く。これは不安な状況で感覚が敏感になるためだそうです。

これを聞いて我が子も、見通しがつかない状況で感覚が過敏になっていて、
毎日がおばけ屋敷に入った時のようにもの凄くドキドキしているのかなぁ~と思うと、
とても切ない気持ちになりました。刺激を低くするって本当に大切だとよくわかりました。

他にも、「運動の問題」「環境調整」など、たくさんのお話があり、
2時間の講演会は本当にあっという間でした。(^^)v

また岩永先生が北海道で講演会の時には参加したいと思いま~す!

↓↓↓岩永先生を知りたい方は、ぜひ先生の本をお読みください。

 51y8WjuHzXL__SL160_.jpg51D5tjf9XYL__AA160_.jpg515dCMCEHtL__AA160_.jpg9784487804498.jpg




06 | 2013/07 | 08
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -